宇宙のあそこへ繋がるためのドローイング


リアルに、鋭敏に、描かないことによって、自由な発想を得られるような図面を作りたかった。